応援歌   南下軍

   一  ただに血をもる瓶ならば
        五尺健児要なきを
      高打つ胸の陣太鼓
        魂の響を伝へつつ
      不滅の真理先頭に
        進めとなるを如何にせん

    二  花は御室か嵐山
         人三春の行楽に
       現にあらで迷う時
         西洛陽花霞
       霞とまがふ砂煙
         蹴たてて進む南下軍

     三  嵐狂えば雪降れば
          いよよもえたつ意気の火に
        血は逆巻きて溢れきて
          陣鼓ひびきて北海の
        健児脾肉を嘆ぜしが
          遂に南下の時到る
 
 

●支部・同期会・OB会のお知らせ ・ 「日新鐘」バックナンバー
◇ Contents

HOME
支部・同期会・OB会のお知らせ
『日新鐘』第67号
『日新鐘』第68号
『日新鐘』第69号
『日新鐘』第70号
『日新鐘』第71号
  『日新鐘』第72号
  『日新鐘』第73号  
  『日新鐘』第74号
  『日新鐘』第75号
  『日新鐘』第76号
  『日新鐘』第77号
   
   
 
                               
   
校歌  山また山
        柴山武徳 作詞
        近藤義次 作曲
        草川 信  編曲

   一  山また山のはるかたに    
      そびゆる白馬の雪の峰
      真澄める姿ぞ我等がいのち
      起てよいざこぞりて
      我に金鵄の光あり  

   二  草木もなゆる真夏日に
      うづまき流るる千曲川
      とまらぬ力ぞ我らがいのち
      起てよいざこぞりて
      我に金鵄の光あり

   三  仰げる空のきわみなく
      ふみゆく大地の果てしなき
      ゆたけき心ぞ我らがたのみ
      起てよいざこぞりて
      我に金鵄の光あり